石垣島のジギング

Offshore Jigging Game of Ishigaki Island


石垣島のジギングスタイル

石垣島周辺海域では、石垣島東方海域がジギングのベストフィールドです。

 

大まかに分けて、

水深100m前後までのライトジギング

水深100~200m前後までのディープジギング

水深200~300m前後のスーパーディープジギング となります。

 

ライトジギングではスジアラなどのハタ類、ヒラアジ類、イソマグロetc

ディープではカンパチ、アオチビキ、ハタ類etc

スーパーディープではカンパチ、マチ類などがターゲットです。

スパンカーでの立て釣りとなります。

 

タックルやジグはご自身のスタイルにあったバランスのとれたタックルと

狙いたい水深、対象魚、潮流に合わせたジグを準備ください。

 

 ジャークやピッチはコンディションや対象魚によって異なりますが、

活性が低い時間帯に、魚のスイッチを入れさせるパターンをより早くつかむことが釣果につながります。

ピッチやパターンを刻々と変化させてツボにはまった魚を食わせるのがジギングの醍醐味の一つでしょう。

 

ひと昔前と比べて、ジギングタックルはライト化傾向で、ジグもスローピッチジグ等、

体力の消耗が少ないシステムが主流となっていますが、

ヘビーロングジグが大当たりすることもあります。

 

釣行に用意いただくジグのウエイトは多様であればあるほど様々な海況に対応でき、

ジギングの釣果につながりますので、

ご自身が扱える最軽量から最重量のジグをご用意ください。

特に外洋でのジギングは潮流の強弱の差が大きく、

軽量ジグでは釣りにならないことも多々あります。

 

ご用意いただくジギングタックルは、

100m前後までのライトジギング、

180m前後までのミドルレンジタックル、

200以上のディープレンジタックルの3種類を揃えていただくのが理想です。

1日のうちで、ジガーの体力やご希望に合わせ、

ライトからディープレンジを織り交ぜてご案内可能です。

 

ラインの号数についてのお問い合わせをいただくことが多いですが、

メイン、リーダー共に号数を落とせば落とすほど、

ジガー、魚共に対してのプレッシャーが低くなりヒット率は上がりますが、

当然細くすればするほど、大型魚によるラインブレイクが多発します。

個人的にはPE1.5号で全てのレンジをカバーするのは無理があると思いますが、

根ズレや歯似寄るブレイクを除けば、

完成されたラインシステム下では現在のラインはかなりの強度を保てるはずですので、

あまり太すぎずのラインシステムで十分だと考えます。